き慣れないピロリ菌とは?

ピロリ菌とは? ピロリ菌は「ヘリコバクター・ピロリ」が正式名称で、食べ物や飲み水から感染して胃に住み着き、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因となる真正細菌の一種です。
日本での主な感染経路は飲み水からの経口感染で、上下水道などの衛生環境が整っていない時代には、井戸水などから感染することが多かったようです。そのため60代以上の人では約60~70%の人が感染しているとされ、衛生環境が整備されると感染率は年々低下し、現在の10代では10%を切るなど大きな減少を見せ、若い世代では感染することが珍しいほどで、ピロリ菌そのものを知らない人も多いようです。
しかし感染経路は未だ不明な部分が多く、人の口から体内に入るのは確かですが、夫婦間や親子でのキス、コップの回し飲みでは感染しないとされています。胃の中は強酸性の胃酸を分泌するため、本来ならば細菌であっても住み着くことはできないと言われています。
しかしピロリ菌は胃内の尿素をアルカリ性であるアンモニアに変化させ、胃酸を中和して生存しているのですが、このアルカリ性のアンモニアが引き金となって、胃に悪影響を及ぼす結果となっています。
ピロリ菌が原因で起こる症状には胃潰瘍、十二指腸潰瘍以外にも、胃がん、萎縮性胃炎などがあり、胃の中を洗浄するなど除菌をすることで発病のリスクは下がると言われています。

ロリ菌の除菌治療で起こる下痢

ピロリ菌は私たちの胃の粘膜に住み着いてしまう細菌で、主に食べ物や飲み物などから私たちの体内に侵入して胃の粘膜に住み着きます。
ピロリ菌は子供のころに感染していることが多く、一度感染するとそのまま胃の中に住み着いてしまいます。そしてピロリ菌によって胃や十二指腸などに炎症が起こり、病気を発症してしまうことがあります。
感染の期間が長くなってしまうと感染の範囲が胃の出口から胃の入り口のほうにと広がってしまうので、慢性胃炎が進行してしまうことがあります。それをそのまま放置してしまうと、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎、胃がんと言うような病気を引き起こしてしまうこともあります。
感染しているかどうかと言うのは自覚症状がほとんど起こらないため、自分ではなかなか判断できません。自覚症状がある場合は胃が荒れやすい、胃炎が起きやすいということが多いです。検査は内視鏡を使って検査することができます。感染が確認されて胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの診断がされた場合は除菌治療が行われます。
除菌治療は1週間抗生物質と胃薬を内服します。その際の副作用で下痢が起きたり便が緩くなることがあります。下痢などの副作用は一時的なものですが、長く続いたりひどい下痢の場合には医師に相談することが大切です。

プリで健康!おすすめリンク

ピロリ菌のサプリメントや検査方法、原因など、ピロリ菌についての情報まとめサイト

ピロリ菌 サプリメント

プロポリス選びに大切なポイント

プロポリス

『ピロリ菌 下痢』 最新ツイート

@ikiyou_bot

ピロリ菌は研究していた博士自身がその菌液を大量に飲み、発熱、嘔吐、下痢を発症したことでその存在を証明した

13時間前 - 2016年12月03日


@beauhealthy

ピロリ菌の除去には、また抗生剤を使いますので腸内細菌のバランスが悪くなり除菌をした方の10~20%下痢をするようです。 ヨーグルトは整腸作用がありますので下痢予防の為にも 良いようです。

6日前 - 2016年11月26日